きもの

王朝物語
最高級の素材と女性目線のたおやかな晴れの日のきもの。

最高級の素材と女性目線のたおやかな晴れの日のきもの。

平安京が京の宮処に移されたのは794年。それから1200年もの間、京都は日本の文化・政治・経済の中心地であり続けてきました。都が東京に移ってからも、往時の貴族たちが愛し帰依した仏教寺院も数多く、その雅な風情はいまだ失われていません。その意味で、京はいまも日本文化の発祥地として、その光彩を放っているのです。
平安中期に興った宮廷を中心とする貴族の男女の衣服に施された、衣の重なりの配色を「襲色目」と言います。その配色は、四季折々の植物から連想させるもの(山吹:表 山吹・裏 萌黄)と、感覚的に捉えたものをイメージとしては移植するもの(苦色:表 濃香・裏 二藍)があり、衣の表裏に様々なイメージを持たせ、組み合わせて配色する方法です。
王朝物語では、源氏物語に代表される平安王朝から伝わる『雅』をきものに表現しました。

河田満智子
河田満智子

平安王朝色彩文化研究家

平安時代の衣裳研究家。日本の伝統美を伝えるべく、各地において十二単襲色目の解説を行う。きものショーの構成・演出、オリジナルきものの制作にも取り組んでいる。現在、王朝色彩研究家として、テレビドラマの衣装監修や、京都時代祭の解説など多方面で活躍中。

ブランドリスト

加賀友禅

>加賀友禅

加賀五彩と呼ばれる艶麗な色彩を用いて草、花、鳥等の絵画調の自然描写で装飾効果高い。

坪倉優介

>坪倉優介

「ぼくらはみんな生きている」奇跡の作家、坪倉優介。記憶喪失になったぼくが見た世界。

岡山武子

>岡山武子

岡山武子先生が創り上げる夢のあるきものの世界。柔らか味のある色合いでかつ斬新。

王朝物語

>王朝物語

源氏物語に代表される平安王朝から伝わる『雅』をきものに表現。

>西陣織美術工芸あさぎ

日本最古の伝統工芸西陣織の美しい織物の数々。

取扱い商品

ツカキについて