喜左衛門ブログ

盛り上がった「三方よし連続講座」とりまとめシンポジウム

2015年03月30日

先週の日曜日に、旧・大津公会堂でシンポジウムが開催されました。

レンガ作りの大津公会堂は昭和9年に建設された文化財です。
s150330_001.jpg
玄関やロビーは風格のある作りです。


今日は、NPO三方よし研究所の公開講座です。

s150330_003.jpg



テーマは「近江商人の謎に迫る」

s150330_004.jpg
50名あまりの会員、一般の方で超満員の熱気あふれる会場です。


NPO三方よし研究所の理事長(小生)の挨拶

高橋卓也公開講座委員長(滋賀県立大学の准教授)の趣旨説明
司会の鈴木さん(右)と北野副理事長(左・元県議)
s150330_005.jpg


基調講演は前川洋一郎先生(老舗学)

「日本型経営の流れから見た近江商人」
s150330_006.jpg
s150330_007.jpg
わかりやすくて好評でした。


いよいよパネルディスカッション

s150330_008.jpg
司会は、中澤副理事長(ナカザワ社長)です。

冒頭のショートスピーチは、満田良順先生(近江日野商人館の館長さん)

s150330_009.jpg
s150330_010.jpg


林純先生(五個荘の近江商人博物館の学芸員)
s150330_011.jpg
近江商人の本質に迫る!!


好きな家訓を紹介
窪田和美先生(龍谷大学社会学部教授)
s150330_012.jpg
岩根順子NPO専務理事(サンライズ出版社長)
s150330_013.jpg
子供たちに近江商人の本質を伝えねば・・・


林先生から、「三方よし」の提唱者の中村治兵衛(五個荘の石馬寺)と矢尾喜兵衛(日野)を紹介
s150330_014.jpg
s150330_015.jpg
・中村治兵衛家の宝暦4年(1754年)の資料
・矢尾喜兵衛家の奉公人教育は、嘉永6年(1853年)の資料


今度は、客席より発言です・・・
若林三津子さんが立ち、中村治兵衛の親戚として意見・・・迫力があります。
日野商人である矢尾喜兵衛家の直系の当主である矢尾直秀さん(矢尾百貨店の会長)より発言(下)
s150330_016.jpg
すかさず、日野商人館の満田館長が意見
s150330_017.jpg
s150330_018.jpg
2-300年の昔の話が、いきなり現代の話としてディスカッションです。
「なぜ、滋賀県に特徴ある近江商人が発祥したのか、その原因は??」
素晴らしい意見のラリーでした!!


聴衆を巻き込み熱気あるシンポジウムですが、お時間でお開きです。


懇親会は公会堂の地下の大津グリルで開催です。
s150330_019.jpg
s150330_020.jpg

今日、客席から大いに盛り上げて頂いた矢尾会長が乾杯
祖父江さんと矢尾社長のツーショット
s150330_021.jpg


上機嫌の田中彰寿弁護士と広川和子さん
s150330_022.jpg


自称カメラマンの内野さん(左 社労士さん)と本郷・前理事長(右)
s150330_023.jpg


横浜からお越しの山下浩二先生(特許・発明の権威)と青森の弘前市からお越しの社長さん
s150330_024.jpg
山下先生は、「近江商人の物流の足跡(北前船が運航の安全祈願した神社の絵馬の奉納額など)を探ると学ぶことが多い」と示唆の富んだ意見をシンポジウムで発言


ドバイのインターンシップを終了し、上智大学の復帰の中澤まりんさん(中澤副理事長の次女さん)
s150330_025.jpg



お開きの感謝の辞を述べる北野副理事長
とっても有意義で楽しい懇親会でした。


後記
演壇と客席が一体となったシンポジュウム、その熱気のまま全員の自己紹介で盛り上がった懇親会。
準備を頂いた高橋公開講座委員長と委員各位、ご協力を頂いた皆様に大感謝です。誠に、ありがとうございました。

取扱い商品

きもの

>きもの

きものの品揃え・商品競争力は日本一!

ジュエリー

>ジュエリー

デザイナーズジュエリー、インポートブランドなど多彩なコレクション

毛皮・レザー・アパレル・バッグ

>毛皮・レザー・アパレル・バッグ

NEXT CHALLENGE、常に新しい感覚を発信

ウェディング

>ウェディング

洗練された花嫁のために、最上のウエディングドレスを

補正下着

>補正下着

補正からブライダルまであなたの人生をデザインするインナーウェア

ツカキについて