先輩社員のしごと:PERSON

先輩社員のしごと:PERSON

難波 耕平(Kohei Nanba):塚喜商事株式会社 京都販売部、2010年入社

難波 耕平(Kohei Nanba):塚喜商事株式会社 京都販売部、2010年入社

「会って話す」が信頼関係の要。営業なら自分の得意をぞんぶんに活かせる。 「会って話す」が信頼関係の要。営業なら自分の得意をぞんぶんに活かせる。

現在の仕事内容は?

呉服専門店や、大手きものチェーン店さまに、ツカキのきものをご紹介する営業をしています。得意先さまに対して、私たちの商品で売り出しをしていただけないかという企画を提案させていただき、企画が採用されるとそのイベントに販売応援として入ります。実際に店頭に立ってお客さまと接する機会も多いため、B to BだけでなくB to Cの経験値も積むことができる。営業マンとして必要な情報を、多くのお客さまから幅広く集められるのは大きなメリットだと思っています。

ツカキグループへの
入社を決めた理由は?

もともと人と接するのが好きで、営業に興味がありました。ツカキに決めたひとつのきっかけは人のよさ。先輩方が仕事の面で目をかけてくれるのはもちろんですが、仕事以外でもほんとうによくフォローしてくださる。気さくに冗談も言い合える、いい関係なんです。ここまで続けてこられたのは、尊敬できる先輩方や周囲の人に支えられたおかげだと思っています。もちろん深刻な失敗をすれば真剣に怒られますが、それも愛情。メリハリも大事だと思っているので、くさることはありません。仕事をするうえで、こんなに恵まれた環境はないと思っています。

入社して自分が成長したなと感じるポイントは?

初めの頃は新規のお得意先様への営業で、冷たくあしらわれて落ち込むこともありました。そんなときに先輩から教わった言葉が「断られて当たり前、気楽にやれ」。その言葉をよりどころにして、断られてもへこたれず何度でもご案内するようにしたら、1回目、2回目、3回目がダメでも、4回目くらいで反応がもらえることがあるんです。
ずっと定期的に訪問させていただきながら、販売にはなかなかつながらなかったお客さまが、あるとき「難波さんが言うなら、それもこれも全部買うわ」とおっしゃって大量購入していただいたことがありました。自分という人間を信頼して受け入れていただけたことが、すごくうれしかったですね。

どんなとき、仕事のおもしろみを実感しますか?

素っ気ない反応しかいただけないお客さまにも、めげずに繰り返しアタックしていると、そのうちに少しずつ受け入れていただけるようになってきます。今まではこちらのトークを聞き流しておられた方から、私たちの商品について質問していただけたり、突然ランチに誘っていただいたり。「あ、今空気が変わったな」と感じる瞬間があるんです。
この仕事は人とのつながりが命。それは一朝一夕に手に入るものではなくて、毎月こまめに訪問を重ねたり、電話でご様子をうかがうなど、地道な努力を続けた結果です。それだけに、心の扉を開いていただけたと感じると「ああ、がんばってよかったな」と心底うれしくなります。

仕事を楽しむための秘訣は?

入社当初から、持ち前の社交的な性格を活かして、恐れずにとにかく話をしてみようという気持ちでやってきました。
以前担当していたなかに、歯に衣着せずお話されるお客さまがいらっしゃって、最初は少し苦手でした。でも「こういうスタイルの方なんだ」と気にしないでお話しするようにしていたら、そのうち可愛がっていただけるようになり、ご注文もいただけるようになったんです。
嫌なこと、しんどいこともネガティブにとらえず、まずは素直にやってみる。そうすると何かしら道が開けてくる、というのは実感しています。

プライベートの過ごし方は?

会社が残業はやめましょうというスタンスなので、平日は時間になったらさっと切り上げて、プライベートに切り替えるようにしています。一人暮らしなのでそのまま夜は先輩や同僚と飲みにいくことが多いですね。そこでもほとんど仕事以外の話で盛り上がっています(笑)。
休日は読書や映画を見に行ったり、ぶらぶらショッピングしたり。友人と予定を合わせて食事をすることも多いかな。いずれにせよ仕事のことはすっかり忘れて、楽しんでいます。

キャリアステップ

入社から4年目までは、貸衣裳店様や写真スタジオ様を約100社ほど担当し、2ヵ月に1回ほどのペースで訪問営業していました。直接お得意先様とお話しして、自分の提案で仕入れをしていただけるとすごくうれしい。体力的、精神的にはしんどいけれど、それに見合うおもしろみのある仕事でした。
5年目からは、呉服専門店様や大手きものチェーン店様担当に。日々の出荷業務に加えて、売り出しの企画づくりに頭を悩ませたり、オリジナル商品の企画開発に携わったりしています。貸衣裳店様、写真スタジオ様の訪問営業とはまた違った難しさ、おもしろさがありますね。

一日のスケジュール:Schedule一日のスケジュール:Schedule

京都本社勤務の場合

8:15

出社、
朝の定例会議

9:00

注文対応、
出荷準備

12:00

ランチ

13:00

出荷準備、
お客さまからの
電話対応

16:00

得意先への
売り出し企画
資料作成

18:00

退社

18:30

同僚や先輩、
後輩と食事へ

出張(販売応援)の場合

応援先販売店さまの営業時間に合わせて勤務

  • 夢は世界を舞台にしたビジネス。 伊原 俊
  • いい「きもの」と出会う喜びをすなおに伝える。 岡本 薫
  • 「会って話す」が信頼関係の要。 難波 耕平
  • 底が見えないほど深いきものの世界。 今村 弘和
  • ポジティブな姿勢が成功を引き寄せる。 東條 幸夫
  • 夢は世界を舞台にしたビジネス。
  • いい「きもの」と出会う喜びをすなおに伝える。
  • 「会って話す」が信頼関係の要。
  • 底が見えないほど深いきものの世界。
  • ポジティブな姿勢が成功を引き寄せる。