MENU

既成概念を覆す : 品質本位の発想で「美」はどこまでも進化する 既成概念を覆す : 品質本位の発想で「美」はどこまでも進化する

「価格が高い」「苦しい」「1人では着られない」、これが補正下着に対する一般のイメージではないでしょうか。
強く締め付けなければ痩せて見えない、だから美しくなるには我慢が必要——長い間、美を求める女性たちはそう信じこんできました。しかし、ツカキグループが擁する補正下着ブランド・タムラは、その既成概念を鮮やかに覆します。

「試しに1枚買ってみたら、私でも無理なくモデルさんのようにキレイになれた!次は5枚まとめていただくわ」これはタムラがTVショッピングで、ユーザー様と生電話したときにいただいたお声。
タムラの補正下着は着ていることを忘れるほどの快適さと、美しいボディラインをつくる機能性、まとめ買いできる価格帯、その3つすべてを備え、従来の補正下着が抱えていたネガティブな既成概念を完全に覆します。
素材、縫製、デザインにいたるまでこだわり抜き、何度も何度もスタッフ自らが試作品を試したうえで辿り着いた1枚。自分たちが補正下着に失望した過去を持ち、その悩みや不満の克服を目指したことが、同じ悩みをもつお客さまの心に届いて絶大な支持を得たのです。

こうした既成概念は他の分野にも存在します。
たとえば、毛皮。「ゴージャスすぎて、普段着には着られない」「若い世代には似合わない」・・・そんな既成概念を覆すべく、ツカキはまったく新しい毛皮ブランドを立ち上げました。若々しいパステル調やアニマル柄など、毛皮業界では見たことのなかった斬新なデザインは、多くのお客さまから支持され、毛皮ファンの裾野を広げることにも役立っています。
また、着物の帯という既成概念があった西陣織も、ゴッホやモネなど海外の名画を最高の技術で織り上げることで、アートとして鑑賞するという新たな価値を生み出しています。

こうした既成概念への挑戦は、従来の不満を解決し、新たな価値を創造していく原動力。それがひいてはお客さまのご満足につながると信じて、これからも新しい発想を追い求めていきます。