MENU

喜左衛門ブログ:President Blog

喜左衛門ブログ:President Blog

2018年5月18日 (金)

にしなかバレーは、血気盛ん!

LINEで送る

新大阪の次の駅、地下鉄御堂筋線の西中島南方駅、阪急京都線の南方駅の周辺のことを「にしなかバレー」といいます。
バレー団とは違います。シリコンバレーのバレーであります。
サンフランシスコのシリコンバレーは、多くのIT企業を生んできました。
アップル、インテル、グーグル、ヤフー、フェイスブック、イーベイ、シスコシステム、オラクル、あまたの企業が育ちました。
ここは、新大阪エリアの隣地区西中島エリア(通称「にしなかバレー)です。

阪急の南方駅です。(後ろの高架が地下鉄の西中島南方駅)

駅の前が日清食品の大阪本社です。この雑踏感が西中島なのです。

写真の奥のブルーの高層ビルがキーエンス本社です。

キーエンスは、にしなかバレーの超優等生で、売上3000億円、経常利益1600億円、時価総額8兆2千億円(@_@;)です。
自動制御器や計測器の世界メーカーです。
このエリアの真ん中にあるのが、プロジェクトビルです。

プロジェクトビルは塚喜商事の所有で、にしなかバレーの企業が入居されています。

昨年、大リニューアルしたばかりでピカピカのビルになりました。

また、「にしなかバレー」には専門学校が林立して28校あるそうです。
大原経理学校。

このエリアには、医療、美容、ウエディング、コンピューター、工科、あらゆる専門学校があります。

ビルの改修工事の現場見えてきました。

「サウスフラット」です。ツカキ㈱所有ビルで・「にしなかバレー」のワンルームマンションです。

9階建ての80室ある大型マンションで、外装や廊下など全面改修工事をしました。
工事現場の阪口君(ツカキ)と桐丸工務店の樋口部長、下の写真は健章君(片桐社長の長男)

クラックや問題個所のチェックです。

廊下がきれいになるとマンションのドアの劣化が気になり、急遽、ドアの張り替え追加工事となりました。
ホントに改修工事はきりがない・・・(>_<)

足場の鉄パイプのアングルが組まれています。


パイプにそって、空中散歩して検分です。
あなたは高所恐怖症だって?・・そりゃ、この仕事は無理でんな。
煙とバカは高い所に登りたがる・・・そう、バカか煙じゃないとこの仕事はできませんな。
ということで、足場をスイスイと楽しみました。

下から、桐丸工務店のパートナーの谷口工業の社長が、「危ないでっせ!、気を付けてくださいや!!」と絶叫しています。

無事に検分が済みました。
「谷口社長、ご心配をおかけしました。ご苦労様でした!!」

後記
ビル管理は、結構大変な手間で、好きでないとできません。
毎年、ビルを建て、中古ビルも買い、改修工事をせっせとして、手に負えなくなると売却・・そんな繰り返しです。
いかにテナントさんに喜んで頂き、いかに地域の役に立つか・・・これは実に楽しい仕事でありますヽ(^。^)ノ