MENU

喜左衛門ブログ:President Blog

喜左衛門ブログ:President Blog

2018年8月6日 (月)

世の中、おかしいのじゃないの?

LINEで送る

◆“東京医科大学の一般入試で女性の不正操作”

文科省の前局長の息子が入試の得点に不正に加算されていた事件が発覚
次は、受験している女子の入試の得点について、1次試験で女性受験者だけに85~90%の係数(減点)をかけて2次試験に進む女子受験者を少なくしていた事件
これに対して、東京医科大学は、「医局で働く女性医師を増やすと、男性より勤務年数、出勤日数が少ないので経営判断でそうした。何が悪いのか?」と開き直った。
こんな横暴、アンフェアが許されていいのか?

もう一つの現実は・・・
一橋大学の看板・大学院の国際企業戦略研究科は、授業がすべて英語で行われます。

一條和生教授(研究科長)に聞きました。

私の質問、「院生は、9割が外人じゃないですか?」
一條教授の答え、「受験科目に英語があって、日本人のレベルでは合格しないですよ」
私、「国費をつかって文科省は文句を言いませんか?」
一條教授、「フェアな試験ですから、能力しだいです。文科省は納得です。それにアジアの連中の学習意欲はすごいですよ」
私、「ウウン・・・・」

◆日本大学の田中英寿理事長(右、71歳)が、“内田正人(左、61歳・元監督)を半年以内に戻す”と発言

日本大学の権力構造の頂点にたつ田中理事長がアメフト部監督や大学の役職を辞した内田氏の復帰を示唆した。
人のウワサも75日と言わんばかりの姿勢。
日本全国に日本大学の宣伝看板があり、見るたびに田中理事長と内田氏の反省せぬ顔が浮かび、日本大学の看板が痛々しく見え、両氏にむかっ腹がたってくる。
理事長は辞任すべきでしょう。

◆日本ボクシング協会の山根明会長(78歳)のパワハラを背景とする強権的体質・・・

2011年から君臨する奈良出身の会長さん、判定がエコヒイキの奈良裁定、過剰接待の山根王国・・・レスリング協会は春の伊調さんのパワハラ問題・・止まらぬ内部告発。
助成金などを私物化したり、選手を子分扱いしたり、奇妙な王国造りは止めてほしいね。
選手の為の協会なのに・・・
みなさん、どう思われます??