MENU

喜左衛門ブログ:President Blog

喜左衛門ブログ:President Blog

2019年2月25日 (月)

恒例の兄弟勉強会・・・「私の強みと弱み」

LINEで送る

先週の金曜日、朝7時から1時間半の毎月恒例の兄弟勉強会がありました。
本日のお題は、「私の強みと弱み」
今回もパワーポイントを使って、プレゼンをして自己を分析とディスカッションをします。

◆トップバッターは意欲満々の塚本由貴室長

まずは、クールな自己分析ツール、ギャラップの「ストレングス・リーダーシップ」の
性格テストの結果をもとに議論が始まりました。

この性格分析は・・・

実行力、影響力、人間関係構築力、戦略的思考力の4つのゾーンに分かれるようです。

その結果は、彼女の強みは・・・

ポジティブ思考、自我意識、個別化、まわりの人の成長を促進、社交性・・
彼女は、人間関係構築力と影響力にすぐれた特性がありますね(^O^)
弱みは・・・ドンドン、彼女の特性が深堀されていきます。

彼女のまとめは・・

「自分の強みを生かし、みんなの特性を組合せて組織[チーム]をよくすればいい」・・
なるほど、素晴らしい結論ですね(^_-)-☆

◆2番バッターは塚本喜三郎次長です。

彼のテーマは「ミッション(使命)」です。

あれっ、テーマは「私の強みと弱み」じゃないの?
ここから彼の人生論が始まりました。
近江商人の訓え、ドラッガーの引用・・・なんかレクチャーのようになってきました。

ここで、彼の現在の業務についての分析です。

彼のプレゼンの中味よりも、「テーマを生のまま受け取らず、彼の好みの展開にする」という
クセについて話題は集中しました。
これまた、互いに学びの多い議論でした。

◆3番バッターは塚本喜世志専務です。

「自分の二面性」についてのプレゼンでした。
・表面の自分・・・役割を意識し、働き者であろうとする自分
・剥(む)い自分・・・横着もの、なまけもの、分別が無い、
若いと奔放なまま生きようとして、世の中と消耗戦を引き起こす・・・謙虚な展開です。
大人となり、この二面性のある自分を克服して、自己成長を図りたいとの本音の話でした。

彼の頭の上に家訓が見えます。
「積善の家に必ず余慶あり」(よい行いをする家(店)には必ず子孫に慶びごとがある)
先祖の徳を受け継いで、社会貢献をできる人になって欲しいですね。

塚本大二郎常務は出張で不在でした。
本日の出演者の記念撮影

早朝(午前7時―8時30分)からご苦労様でした。

 

後記
塚本由貴室長の、ギャラップの「リーダーシップの才能を目覚め指すストレングスリーダーシップ」
(日経新聞出版社)に皆の興味が集まり、塚本喜三郎がさっそくアマゾンで本を注文し、すぐに2冊届きました。
これでWEBにて質問の答えを入力すると、強みと弱みの分析結果がでるそうです。
次は、この分析を使って自己理解、互いの相互理解を図ろうという事になりました。
ちょっとは賢くなるかな??